>

今秋発売の液晶搭載iPhoneX Plus向けLEDチップ、日亜化学が独占供給か

2018年秋の発売が見込まれる6.1インチ液晶ディスプレイを搭載した新iPhoneX Plus/iPhone9向けに、日亜化学が独占的に発光ダイオード(LED)チップを供給するようです。サプライヤー情報に詳しいメディア、DigiTimesが報じています。

0.3t LEDを日亜が独占的に供給か
同メディアによれば、日亜は新しい6.1インチ液晶ディスプレイ搭載iPhone X Plus(iPhone9とも呼ばれている)向けに、0.3tのバックライト用LEDチップを独占的に供給する模様です。

従来は0.4t LEDチップを用いていたため4.0〜4.5ミリのベゼルが必要でしたが、0.3t LEDチップを採用すれば、ベゼルを2.0〜2.5ミリまで狭められるとのことです。

今年後半生産分をAppleがすべて確保?
情報筋によれば、日亜は今年前半からスマートフォン向けに試験的生産を開始していますが、0.3t LEDチップは0.4tのものよりも歩留まりを上げるのが難しいようです。

6.1インチ液晶搭載iPhoneの試験的生産は7月中に始まり、8月には少量生産、9月には本格的な量産がスタートする見通しのため、日亜が今年後半に生産する0.3t LEDチップのほぼすべてをAppleが抑えている、と関係者は伝えています。

Appleは今年の秋、現行のiPhone Xの後継機種となるiPhone XI、6.5インチの大型有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したシュプリーム iPhoneX Plusケースおしゃれ、そして6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したiPhone9の、計3種を発売するといわれています。

商品のレビュー

0 コメント数

コメントがありません